スピード融資可能サービス、ピックアップ!

◎スピード融資のポイント

 

・すばやく申込む
・大手の会社を利用する
・提出書類の不備をなくす
・WEB申し込みをする

 

スピード融資を受けるには、上のポイントがとても大切です。
申込みから融資までがスピーディーな会社がもちろんベストですが、それだけなくサービス内容や質も重要。
そこで、上記ポイントを満たせば良質なスピード融資を受けられる、おすすめキャッシング会社はどこか検討してみました。

 

その結果、当サイトが行き着いたのはこちらです↓

プロミス

 

200*200

 

スピード融資を求めている人にとって、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは心強い味方となります。
プロミスは最短1時間融資ができるだけでなく、初回利用時は30日間の金利ゼロキャッシングが利用可能です。
加えて、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融のライバルと比べて低金利なので、できるだけ安くお金を借りたい人にも最適なんです。

 

プロミスには瞬フリというサービスがあり、原則24時間、最短10秒で振込融資が受けられます。

 

最短10秒のリアルタイムで振込手続きが完了するので、土日や祝日にお金を借りたいときにも便利ですよ。

 

◎プロミスのおすすめポイント

・業界最速クラスの最短1時間融資が可能。
・ 初めての利用なら30日間利息ゼロ
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
・有名消費者金融の中では低金利の4.5%〜17.8%
・コールセンターが高品質で、在籍確認の方法に関して相談対応可能
カードレスで利用も可能(WEB完結申込)
・原則24時間、最短10秒の振込融資が可能な瞬フリサービスが使える
・プロミスか三井住友銀行のATMなら、借入・返済の手数料が無料
・20代、30代のアルバイト・パートの方の利用に向いているカードローン

プロミス公式サイトへ

 

ここからは、スピード融資を実現しやすいキャッシング会社がプロミスとなった理由を説明していきますので、気になる人は読んでみてください。
冒頭で紹介したスピード融資のポイントについても、そのあとにより詳しく解説しますので、そちらもご覧ください。

 

(ちなみに、数万円必要なだけなら、審査なしで作れてその場でチャージできる金融アプリ、バンドルカードが便利です。審査がないので最速でしょう!)

プロミスがおすすめになった理由

では、当サイトのおすすめがプロミスになった理由を説明していきます。

 

まず、誰にお金を借りるかを考えるにあたって、パッとイメージできるのは、

・個人(家族や友人)

・消費者金融(プロミスやアコム)
・銀行(メガバンクや地方銀行)

このあたりではないでしょうか。

 

スピード融資を重視したとき、このなかで選択するべきは、消費者金融しかありません。

 

まず「個人」は問題外です。
確かに、身近な人からお金を借りられれば、すぐにお金を手にできるかもしれません。
しかしそれには、以下のようなリスクや面倒が付きまといます。

・希望の金額を借りられないかもしれない

・お金の使いみちを説明しないといけない
・信用や評価を損なう
・お金に困っているイメージや噂が広まる可能性
・負い目や罪悪感がその後の関係性に悪影響

 

ネットやSNS上で融資先を募集する「個人間融資」なるものもありますが、そういった世界には詐欺や闇金、怪しい勧誘や犯罪のニオイが充満しており、危険です。
ちょっとしたトラブルについても、個人間のやりとりだと警察は民事不介入となりますから、守ってもらうこともできず、すべて自己責任になります。

 

「融資」ということになると、家族間でのちょっとしたお金の貸し借りとはワケが違いますから、間違っても「個人」という選択はしないようにしましょう。
ということで「個人」はまっさきに除外としました。

 

次に「銀行」ですが、こちらは低金利で借りられることが魅力的ではあるのですが、スピード融資には適していません。
というのも、銀行法という法律にしたがって業務を行う銀行では、個人に融資する場合、かならず警察の情報データベースにアクセスして安全性を確かめる手続きをしなければならないのです。

 

これに時間をとられるため、基本的に、即日融資できる銀行カードローンはありません。

 

銀行のスピード感としても、慎重に手続きを進めるところが多いですから、融資までには少なくとも数日、長ければ1週間以上は時間を要するものと覚悟したほうがよいでしょう。

 

その点、消費者金融に適用される法律は貸金業法であるため、そのデメリットを受けることはありません。

 

ということで、スピード融資を受けるにあたっては、まず消費者金融にしぼったうえで融資先を検討していくことになるのです。

 

 

 

消費者金融にもいろいろありますが、スピード融資のためには審査のノウハウ手続きを行う人件が必要不可欠です。
利用者の多い安心感という意味でも、なるべく大手、有名な消費金融を選ぶようにしましょう。

 

みなさんがご存知なのは、以下のような融資サービスではないでしょうか?

・アコム

・アイフル
・プロミス
・SMBCモビット
・レイクALSA
・J.Score(ジェイスコア)

 

このなかで当サイトが選択肢として残したのは、

・アコム

・プロミス
・J.Score(ジェイスコア)

となりました。

 

理由は、これら3社が、消費者金融でありながらメガバンクとのつながりを持ち、そのバックアップを受けることができる会社だからです。

 

アコムは三菱UFJ銀行グループ

プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行グループ
J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行ソフトバンクの共同出資

であるのに対して、

 

アイフルは銀行との関わりを持たず、

SMBCモビットはSMBCコンシューマーファイナンスの子会社のサービスであり、
レイクALSAは企業相手やビジネスシーンでの営業が中心の新生銀行グループ

となっています。

 

よって、スピード融資を受けたいなら、アコム・プロミス・J.Score(ジェイスコア)の中から申し込み先を選ぶのがよいでしょう。

 

 

 

ここまでに残った3社をランキング形式にするなら、

1位:プロミス

2位:J.Score(ジェイスコア)
3位:アコム

になるかと思います。

 

まずこのなかで、スピードだけでいえば、プロミスとアコムが最短1時間融資を可能としているため、最速クラスです。
J.Score(ジェイスコア)も十分、スピード融資を行ってくれる会社ではありますが、公式案内ではあくまで最短即日融資とアピールするにとどまっています。
アコムやプロミスと比べればまだ歴史が浅いサービスであるため、このあたりは少しずつスピードアップしていくのでしょうね。

 

では、なぜそのJ.Score(ジェイスコア)がアコムをおしのけて2位にランクインしたのかというと、その理由はひとつ。
見過ごせないほど、圧倒的に低金利だからです。

 

例として上限金利だけを比べてみると、このようになります。↓

プロミス:17.8%

J.Score(ジェイスコア):12.0%
アコム:18.0%

 

J.Score(ジェイスコア)がダントツに低金利で安く借りることができるのがわかりますね。

 

本来のスピード融資という観点で言えば、アコムは少なくとも2位にはなるべきなのですが、J.Score(ジェイスコア)の圧倒的な低金利により、おすすめ順位を入れ替えることにしました。

 

プロミスが1位となった理由は、
アコムと並ぶスピード融資+アコムよりわずかに低い金利
により、スピードと低金利を両立しているからです。

 

即日融資でも十分にスピード融資だと思える人であればJ.Score(ジェイスコア)に申し込むべきでしょうし、もちろん、アコムを利用するのも良いと思います。

 

この3社から選べば、いずれにしてもスピード融資をうけることは可能だと思いますから、ここからは、みなさんそれぞれの状況や好みに合わせてお選びください。

 

ただ、いくら会社側にスピード融資の体制が整っていたとしても、申し込み側にミスがあっては最短スピードで融資を受けることは難しくなります。
申し込む際はくれぐれも、このあと解説するポイントに注意してくださいね!

スピード融資で大切なことは?

スピード融資は時間に注意

「一刻も早くお金が必要!」
そんな時とても便利なのがスピード融資です。
スピード融資とは、申込みをしたその日にお金を受け取ることができるサービスです。(即日融資、即日キャッシング)

 

スピード融資をしてくれるとなると、条件が良い代わりに金利が高いのでは……と心配になってしまうかもしれません。
でも、人気芸能人を起用したテレビCMを流しているような有名消費者金融は、法律で定められた金利内でお金を貸しているので、ぼったくりに会うようなことはありません。

 

ただ、稀に怪しいキャッシング会社、いわゆる闇金が存在しているのも事実です。
危険な目やトラブルに巻き込まれないようにするために、しっかりと知名度のある大手のキャッシング会社を利用することをおすすめします。

 

急ぎでお金が必要になってしまっている時には、何かと焦ってしまって地に足がついていないような状態になりがち。
パニックになってしまい、落ち着いて融資の申込みができない状況に陥ってしまうこともあります。
しかし、そんな状況の中でも、スピード融資を利用する前に必ずチェックしておくべきことがいくつかあります。
融資を受けた後で後悔するようなことがないよう、事前にしっかりと確認しておく必要がありますので注意しましょう。

 

まずは、金利についてです。

 

数パーセントの違いなら……などと金利を軽く見てしまうことがありますが、返済になった時に考えが足りなかったと後悔してしまうことがあります。
毎月の返済額や借金の総額に影響してくるので、金利は細かく確認して返済計画をしっかりと立てた上で借入をするようにしましょう。

 

各キャッシング会社の公式サイトでは、借入れ前の返済シミュレーションができるようになっています。
具体的な数字を見れば実際の返済生活がイメージできるようになるので、いちど試してみるとよいでしょう。

 

また、スピード融資は手続きに動き出す時間も重要です。

 

今は直接店舗に出向かなくても、インターネット上で申込みができるので、受付自体は24時間いつでも可能です。
ただ、キャッシング会社は24時間営業をしているわけではないので、営業時間内に手続きや審査をしてもらわなければ進みません。

 

お金を口座に振り込んでもらうためには銀行の営業時間も関係してきますから、スピード融資が可能な時間帯というものが設けられています。
その時間を過ぎてしまうと、その日にお金を振り込んでもらうことが難しくなってしまうのです。
キャッシング会社によって定められているタイムリミットは異なりますから、必ず事前に確認しておきましょう。

 

設定されている時間はたいてい午後2時ごろなので 、午前中に申込みをするように心がけるとよいでしょう。

 

ギリギリに申込みをして万が一書類の不備があったりすると、審査を行ってもらえず、即日融資をしてもらうことができなくなってしまいます。
多少の不備や軽微な確認にも対応できるぐらいの時間の余裕を持つために、午前中に動き出すのがベストです。


今すぐお金が必要な時には

スピード融資は周りにバレずに安心

今すぐお金が必要になってしまった時、あなたはどうしますか?

 

親に借りますか?
友達に借りますか??

 

実際、世間一般的に皆さんはどうやってお金のピンチを乗り越えているのでしょうか。
両親に借りる人や友人に借りる人ももちろんいますが、やはり言いにくい相談しずらいという理由でためらう人が多いようです。

 

数字的に見て一番多いのが、キャッシング業者などからお金を借りてピンチをしのぐという人です。
誰かに迷惑をかけてお金の貸借りをするよりも、自分一人で解決できるキャッシング業者などを利用した方が良いという意見が多くあります。

 

実際キャッシングを利用する場合には、担保や保証人がいらないので誰かの手を煩わすようなことはありません。
借金をするということに対してマイナスイメージが根強くあるということも影響しているようです 。
誰かにお金を借りるなどして他人に借金をする状況だということを知られてしまうよりも、人知れずお金をこっそりと借りたいという人の方が大半でしょう。

 

そのために、今すぐお金が必要な時にはキャッシングを利用して、こっそりお金を借りる人が多いのです。
スピード融資などを利用する際には、難しい書類を準備する必要がありません。

 

印鑑を準備する必要もなく、必要になるものは本人確認書類です。
本人確認書類の対象になるのは、運転免許証や健康保険証などの常に携帯している可能性が高いものなので、新たに揃える必要のないものです。
連帯保証人や同意書などが不要なので、すぐに手続きを進めることができます。

 

また、会社などバレると困るようなところに情報が漏れてしまうこともありません。
お金の貸借りの際には、返済能力を調べるために勤務先に在籍確認の電話が入ります。

 

その時には、キャッシング会社は会社名を名乗ることはありません。
個人名で問い合わせをするために、会社に怪しまれるようなことはありません。

 

勤務先に在籍確認する時間帯や電話を入れる人の性別などを指定することもできることがあるので、気になる人は相談してみるとよいでしょう。
SMBCモビットでは、電話連絡なしで利用ができるWEB完結申込という商品があります。
どうしても電話確認がネックになるという人にはとてもおすすめです。

 

キャッシングしたい金額が大きかったりすると、本人確認書類の他に所得証明書類の提出を求められることがあります。
対象となる書類が、源泉徴収票、数ヶ月分の給料明細書、納税証明書などとなります。
準備するのに少し手間がかかるような書類です。

 

いくらからの借入希望で必要になるのかなど、キャッシング会社によって設定が異なっているので、事前に確認をしておきましょう。


お金を借りたい時に準備しておくことは?

スピード融資はWEB申込みが便利!

いろんな事情で、急遽お金が必要になってしまうことってありますよね。
急な冠婚葬祭が続いてしまうと、交通費や洋服代なども含めると思わぬ出費になってしまうものです。

 

もう少ししたらボーナスが入るからそれまでの間の生活費が欲しい、即金がないと生活ができない・・・という時に利用すると便利なのがスピード融資です。

 

スピード融資は、ヤミ金と呼ばれるようなところではなく、知名度のある大手キャッシング会社のところで利用するようにしましょう。金利やサービスが充実しているだけでなく、安心して利用できるという大きなメリットがあります。今すぐスピード融資が必要な方のために、利用するために準備しておくことについてお話していきたいと思います。

 

利用を検討している人や、これから必要になるかもしれない人も必見です。

 

スピード審査の申込みの際に必要になるものは、ほとんどありません。担保や保証人が不要なために、手間がかかるような準備というものはないでしょう。捺印する機会もないので、印鑑の用意も必要ありません。

 

お金借りる申込みの際には、勤務先の住所や従業員数などの会社情報を記載する必要があるので、それらの情報がすぐにわかるようにしておくと便利です。年収も記載しなければいけないので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

 

あとは、本人確認書類の提出があるのでそれだけ用意をしておきましょう。運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか1つで大丈夫です。コピーを取っておく必要もなく、写メデータを送るだけという簡単な提出方法です。

 

スピード融資の申込み方法では、ウェブ申込みが一番人気です。

 

理由は、来店する必要もなくインターネットだけで申込みができて便利だからです。ウェブ申込みには他にもメリットがあります。手続き方法が簡単に進められるだけでなく、利用開始までの時間が短縮されるというメリットがあるので、急ぎで利用したい人にピッタリな申込み方法です。

 

来店したり自動契約機を利用すると、人の目が気になる場合もありますよね。ウェブ上で手続きすれば、人目を気にすることなく利用できるというメリットもあります。スマホや携帯からも申込み可能なので、移動中でも申込みや利用することができちゃいます。審査結果もメールでお知らせを受け取ることができま す。

 

申込んだその日に確実にお金を受け取りたい場合には、審査結果を待つ間には電話に出れるようにしておくとよいでしょう。書類の不備時の連絡や、手続き上に必要な連絡がスムーズにいきます。

 

また、指定の口座にお金を振り込んでもらう時には口座番号なども必要になるので、手元に準備しておくようにしましょう。


お金を借りるにはどうすればいいの?そんな疑問・質問に詳しく答えます!

カードローン会社が電話連絡で会社名を名乗ることはない??

 

カードローンを利用しようとしても会社への電話連絡、つまり在籍確認がどう行われるのか気になる…。
そんな方も多いのではないでしょうか?
勤務先に電話連絡が来てカードローンの会社名を名乗られたら困りますよね。

 

ですがそこは安心して下さい。
カードローン会社が自社の社名を名乗ることはありませんよ!

 

当サイトでおすすめしているプロミスも、電話をする時に、会社名ではなく、個人名を名乗ります。
また、最短1時間という即日融資も可能。
初回であれば、借り入れから30日間無利息になるキャッシングサービスも人気です。

 

安心してすぐにお金を借りたい、という人は、プロミスに頼ってみてはいかがでしょうか。

 

200*200

 

◎プロミスのおすすめポイント

・業界最速クラスの最短1時間融資が可能。
・ 初めての利用なら30日間利息ゼロ
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
・消費者金融の中でもトップクラスの低金利。4.5%〜17.8%
・コールセンターが高品質で、相談すれば書類による在籍確認が可能になることも。
※場合によっては会社への電話連絡になることもあります。
カードレスで利用も可能(WEB完結申込)
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば、24時間振込融資が可能な瞬フリサービスが利用できる
・プロミスあるいは三井住友銀行のATMなら、借入・返済の手数料が無料
最低返済額は1000円から。返済もしやすい
・20代、30代のアルバイト・パートの方の利用に向いているカードローン
・新規契約なら三井住友VISAプリペイド2000円分がもらえる

 

プロミス公式サイトへ

page top